レディ・プレイヤー1 (2018)

おおむねしょうもない
公開当時Twitterでけっこう盛り上がってたから期待して見たんだがドラマというドラマもプロットらしいプロットもない
オタクが喜びそうな要素をひたすら詰め込んだという感じ
ただ最後に「薔薇の蕾」が出てくるとは思わなかった
市民ケーン』見てないとわかんねえだろこれ


この映画の内容を一言でいうと「君たち市民ケーンぐらい観ときなさい」ということだね

エンド・オブ・ステイツ(2019)


原題は "Angel Has Fallen”
エンド・オブ・~シリーズの『エンド・オブ・ホワイトハウス』『エンド・オブ・キングダム』に続く3作目


ニック・ノルティみたいなジジイがいるなと思ったらニック・ノルティだった
監督は元スタントマンのリック・ローマン・ウォー(『オーバードライヴ』(2013)他)
アクションは見ごたえあるがプロットは薄味
プロットが薄味な分、雰囲気重視の(意味のない)カットが多め
たぶんこれ45分ぐらいにまとめれる


副大統領役のティム・ブレイク・ネルソンはどうしても『オー・ブラザー!』(2000)とか『フライペーパー! 史上最低の銀行強盗』(2011)の印象が強くてなんか笑ってしまう
まあツッコミどころは多いがさらっと見るには丁度いいアクション映画

日本語詞の洋楽(たぶんその4ぐらい)

durrett.hatenadiary.jp
durrett.hatenadiary.jp
durrett.hatenadiary.jp


けっこうリンク消えてて、前のは動画URLしかコピペしてないからなに貼ったのかわからん
ので改めてまとめ直し↓

続きを読む

キス・オブ・ザ・ドラゴン(2001)

ジェット・リーが主演・原案でリュック・ベッソンが製作、監督は2009年に実写版Blood: The Last Vampire(香港・仏・中製作)の監督もしたクリス・ナオン
ヒロインがなんとブリジット・フォンダだ、ぜんぜん気付かなかった


これも製作が仏・中で舞台はパリだがセリフは英語
やはりセリフがフランス語と英語では最終的な興収が違ってくるんだろう

続きを読む

軽自動車維持費(実績値)

年間経費

軽自動車税(経年重課税) 12,900
保険 34,290
47,190

車検費用(2年)

自賠責(24ヵ月) 25,070
重量税 8,200
検査費用 1,400
光軸調整(※必須ではない) 1,300
35,970

単年度経費

保険 34,290 + 保険以外 30,885(=12,900+17,985 (=35,970/2) ) 65,175

ガソリン代

年間走行1万km / 10km/L x 140円/L 140,000

年間合計

65,175+140,000 205,175


ざっくり20万ぐらいか
※通勤使用でだいたい年1万キロ弱として計算
※休日のみならもっと減る


ただ持ってるだけならだいたい3万+保険料で済むんだな
軽自動車税の経年重課(13年以上経過)がけっこうでかい
あとATターボの軽ワゴンなので燃費が悪い

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

アイティーではない、イット


第一声が「よう オッパイ」て
ナンパか?


カップルの名所で「ここですることは2つ、キスをして、名前を刻むんだ」って言って腹にナイフで名前刻もうとするの、もう完全に恋じゃん、なにこれ
このイジメっ子完全にこのデブを性的対象として見てるでしょ、やば