語源別山岳用語一覧

地形に関する用語がわかりづらい

ドイツ語

アーベントロート abendrot 夕焼け、朝焼けはモルゲンロート (morgenrot)
アイゼン(シュタイクアイゼン) steigeisen 登山靴の靴底に装着する氷雪用の滑り止め、[英][仏]クランポン
アイスバーン eisbahn 溶けた雪が凍結した状態
アップザイレン abseilen 懸垂下降、[英] abseiling
アンザイレン anseilen お互いにロープを結び合う安全確保法
アルバイト albeit 距離・高度を稼ぐなど労力を払うこと、ドイツ語で労働
エッセン essen 食料
カール kar [地形] 氷河の浸食により椀状にえぐられた谷、圏谷(けんこく)
カラビナ karabiner カービン銃の金具を意味する karabinerhaken が縮まったもの、[英] carabiner
ガリ gully 流水などで地表面が浸食されてできたV字状の溝、浸食によってできた小峡谷、雨裂(うれつ)、英語でも同じ
カンテ kante [地形] 稜角
グラート grat [地形] 鋭い岩稜、痩せ尾根、[仏]アレート (arête)
コッフェル kocher 携帯用・キャンプ用の鍋、調理器具、[英]クッカー (cooker)
ザイテングラート seitengrat [地形] 支稜線・支尾根
ザイル seil [英]ロープ
シュラフ(シュラーフザック) schlafsack 寝袋、[英]スリーピングバッグ (sleeping bag)
シュルンド shurund [地形] [英]クレバス
シュリンゲ schlinge [英]スリング (sling)
ストック(シュトック) stock ドイツ語で杖、細長い棒
スピッツ spitze ピッケルの)石突。[英] spike
ゾンデ sonde (雪崩などで)雪に埋まった遭難者を捜索するために雪に突き刺して使う棒、探針、[英]プローブ (probe)
タッシェ tasche (特に)キスリングのサイドバッグ、(サイド)ポケット、ドイツ語で袋状の入れ物、バッグ、カバン、ポケット
チンネ zinne [地形] 大きな岩壁をもつ尖峰、特に剣岳三ノ窓の岩峰を指して言う、[建築] 鋸壁*1
ツァッケ zacke アイゼンの爪、ピッケルの先端やセレーションの爪、[英]ピック (pick)、ポイント (point)
ツェルト(ツェルトザック) zeltsack 簡易テント、[英]ビビィサック(ビビィバッグ) (bivy sack /bivy bag)
ツルム turm [地形] 岩塔
ハーケン haken 岩の裂け目に打ち込んで確保の支点に用いる楔《くさび》状の金具、[仏]ピトン (piton)
バイル(アイスバイル) eisbeil 氷壁登攀用のピッケル、アッズの代わりにハンマーが付いている柄の短いものを特に指して言うようである、[英]アイスアックス (ice axe)
ヒュッテ hütte 山小屋、[英]ハット (hut)
ピッケル pickel アイスピッケル (eispickel)、登山用のつるはし、雪面での制動、滑落停止、(足場のための)雪面の加工、簡易な支点として使用する、[英]アイスアックス (ice axe)、[仏]ピオレ (piolet)
フランケ flanke [地形][建築] 側壁
モルゲンロート morgenrot 朝焼け、夕焼けはアーベントロート (abendrot)
ヤッケ jacke ジャケット
リス riss [地形] 細い岩の裂け目
リッペ rippe [地形] 岸壁に突出した稜状の岩、肋稜、【医学】肋骨
リュックサック(リュックザック) rucksack ザック、背嚢、[英]バックパック (backpack)
リンネ rinne [地形] 急峻な岩溝、凹角、ドイツ語で側溝、導水路、雨樋 (regenrinne)
ルンゼ runse [地形] 流水の浸食によってできた岩溝

フランス語

アレート arête [地形] 鋭い岩稜、痩せ尾根、[独]グラート (grat)
コル col [地形] 鞍部、峠
ゴルジュ gorge [地形] 狭く切り立った岩壁に挟まれた谷、廊下、フランス語で喉《のど》
ゲートル guêtre 脚絆、スパッツより大型で膝下まであるもの。[英]ゲイター (gaiter)、[英]スパッツ (spats)
ケルン cairn 石を積み上げた道標、石塚
クーロアール couloir [地形] 山腹にくいこんだ、急峻な広い溝、[独]ガリー (gully)
ジャンダルム gendarme [地形] 稜線上にあって登山者の行く手を阻むような岩峰、特に奥穂高岳の西南西にあるドーム状の岩稜を指して言う、フランス語で警察官、憲兵
デブリ débris 雪崩の到達点に堆積・散乱した雪塊
ピオレ piolet [独]ピッケル (pickel)、[仏]ピオレ (piolet)
ピトン piton 岩の裂け目に打ち込んで確保の支点に用いる楔《くさび》状の金具、[独]ハーケン (haken)
ビバーク bivouac 簡易な野営具を用いた想定外の、或いは緊急的な野営(フォーストビバーク (forced bivouac))、またそういった野営を予め想定して行うこと(フォーカストビバーク (focused bivouac))

英語

アイスアックス ice axe [独]ピッケル (pickel)。[仏]ピオレ (piolet)
アッズ adze ピッケルの)ピックの反対側。釿《ちょうな》。日本ではブレードと呼ぶが、英語ではピックの方をブレードと呼ぶ場合が多い。[独] schaufel(=シャベル)
ガリ gully 流水などで地表面が浸食されてできたV字状の溝、浸食によってできた小峡谷、雨裂(うれつ)、ドイツ語でも同じ
クランポン crampon 登山靴の靴底に装着する氷雪用の滑り止め、[独]アイゼン (steigeisen)、フランス語からの借用語
グリセード glissade スキー板を用いずピッケルで制動をかけながら山靴のみで斜面を滑降すること、フランス語からの借用語
クレバス crevasse 氷河や雪渓にある裂け目、フランス語からの借用語
コンテ(コンティニュアス(クライミング)) continuous (climbing) 同時登攀、お互いの体をロープで結び(アンザイレン)同時に登攀すること、continuous の語義自体は連続、継続という意味で一部の辞書には継続登攀とも書いてあるが*2、通常継続登攀というと異なる課題を連続して登る行為(いわゆるパチンコ)を指すことが多い
スパッツ spats 脚絆、[仏]ゲートル [guêtre]
チムニー chimney 煙突状のクラックで人が通れる大きさのもの、英語で煙突
バットレス buttress [地形] 山頂や稜線に向かってそれを支えるように切り立っている岩壁、例)北岳バットレス、[建築] 控え壁
ピーク peak 山頂
ピック pick ピッケルの)ブレードではない方。尖っている方。[独] haue(=鍬)
ピナクル pinnacle [地形] 尖った岩峰、[建築] 尖塔
ピラー pillar [地形] 柱状の岩、[建築] 柱
ブレード blade ピッケルの)ピックではない方の日本での呼び方。英語ではピックの方をブレードと呼ぶ場合が多い。[英]アッズ (adze)。[独] schaufel(=シャベル)
リッジ ridge [地形] 尾根、稜線、岩稜
レッジ ledge [地形] 岩棚、横に長いものはバンド (band)、ある程度の広さがあるものをテラス (terrace) とも言う

イタリア語

ヴィア・フェラータ via ferrata 直訳すると「鉄の道」
スタカット staccato 音楽用語だとスタッカート

スペイン語

ポンチョ poncho 南米の原住民が伝統的に用いる貫頭衣、頭からすっぽりと被るタイプのレインウェア

人名・固有名由来

ニッカボッカ Knickerbockers 膝下で裾を留めるタイプの短ズボン。アメリカでオランダ人移民(ニッカボッカーズ)が履いていたズボンに由来 *3
キスリング Kissling 帆布でできた大型のザック、雨蓋(リッド)はなく紐で縛って閉じる、[人名] 初めて日本に持ち込まれたものを製作したスイスの馬具職人ヨハネス・ヒューフ・キスリングに由来
ラッセ Russell 深雪を(足などで)固めて道を作ること、[社名] 除雪車メーカーのラッセル社に由来
テルモ Thermos 【俗】魔法瓶、【社名】サーモス社に由来
ラジウス Radius 【俗】携帯コンロ、携行ストーブ、【社名】スウェーデンのラディウス社に由来 *4
ブス Phoebus 【俗】携帯コンロ、携行ストーブ、【社名】スウェーデンのホエーブス社に由来
メタ Meta アルコール固形燃料、製品名に由来
エスビット Esbit 固形燃料、製品名に由来
ユマール(ユマーリング) Jumar (jumaring) 登高器、アッセンダー、1959年に発表された製品名に由来 *5
シェラカップ Shierra cup ジョン・ミューア*6が設立した自然保護団体シエラクラブが会員に向けて配ったカップに由来。持ち手が熱くなりにくいのが特長

日本語に由来

エンピ 円匙 シャベル、スコップ
キレット 切戸 稜線の一部が切れ落ちている場所、嶮《けん》、大キレット(南岳-北穂高岳間)・不帰《かえらず》キレット(天狗ノ頭-唐松岳間)・八峰《はちみね》キレット鹿島槍ヶ岳五竜岳間)を三大キレットと呼ぶことがある
ブキ 武器 カトラリー、フォーク・スプーンなどのセットの総称、ロシア語でフォークを意味するビューカ(ビュールカ)[вилка] (vilka) からとったという説があるが甚だ怪しい

補足

  • ピッケル(アイスアックス)の各部の名称(例)

f:id:durrett:20210318214015p:plainf:id:durrett:20210318214151p:plainf:id:durrett:20210318214318p:plainf:id:durrett:20210318214936p:plain