中空糸膜

中空糸膜 - Wikipedia

中空糸膜(ちゅうくうしまく)とは、膜の利用形態のひとつで、一端が閉じたストロー状、マカロニ状の膜のこと。

主にカートリッジ式で供給・使用され、単位容積中の膜面積を広く取ることが出来るため、家庭用浄水器から産業用、浄水場などで広く利用されている。

膜の種類としてはMF膜UF膜が多い(RO膜はかなり太く、糸というよりひもに見える)。直径・長さは用途により様々で、直径数mmで長さ2m程度の物から0.2mmで長さ数cmのものまで多様である。工場では長い糸のように製造され製品にする段階で切りそろえる。例えば、熱により2倍の長さに溶断し、両端を閉じたものを折り曲げて束ねたのち、樹脂で固めて切断・研磨すると、折り曲げた部分が開口部となる。


中空糸内部が閉塞すると回復困難となるため、原則として外圧式(中空の外側に原水、内側にろ過水)で使用される。


中空糸膜は、コンパクトで安価、比較的低圧で利用できる特長を持つが、破断によるろ過不良(ちぎれた中空から原水が侵入する)を生じやすい欠点も持つ。 このため、浄水場などでは膜の破断を早期に検出し、自動的にそのモジュールを系列から切り離す仕組み等が備えられている。